脱毛ラボ 市川

レーザー脱毛の歴史

 

脱毛ラボ,市川,市川店,店舗,全身脱毛,場所,行き方

 

元々医療レーザーはほくろやアザを焼いて治療することに使用されてきました。アザの中にある毛や眉毛の中にあるほくろにレーザーを当てると、アザやほくろと一緒に毛も生えなくなることが事例として認められていました。

 

そこで、正常な皮膚に対してレーザーを当てて脱毛する実験が開始されました。しかし、すぐに壁にぶつかりました。アザの治療は表面の皮膚を火傷させることを前提に照射します。しかし、脱毛の場合は表面の皮膚を火傷しない程度に出力させなければならないので、出力不足で毛が再生してしまうのです。

 

次はアメリカのゴールドバーグ教授の方法が登場しました。毛は毛乳頭とよばれるところで再生されます。なので、そこを破壊すれば永久に毛が生えなくなります。

 

それを実現するためにゴールドバーグ教授は炭素を利用しました。炭素はメラニンよりも多くレーザーの熱を吸収します。なのでまず、ワックスで脱毛した後の毛孔に炭素を塗り、そこにヤグレーザーを照射して毛乳頭を壊そうとしました。

 

実は韓国でも同じような実験が行われていましたが、結果は永久脱毛にはなりませんでした。それは炭素を毛乳頭まで浸透させるのが難しかったためでした。この頃まではレーザー脱毛はできないものと考えられていました。

 

その後1996年にアメリカのハーバード大学ウエルマン研究所のルビーレーザーを用いた脱毛の研究発表がありました。その発表をきっかけに日本でもレーザー脱毛が本格的に行われるようになりました。ちなみにこの研究は白人を対象としたものでした。

 

この研究結果を知り、二人の日本人がルビーレーザーを日本にも輸入するためにニューヨークに行きました。そこで念のために、契約書を書く前に自分らの腕でそのレーザーを試してみました。

 

しかし、レーザーを照射した部位が赤く腫れ上がり、夜になっても良くなりませんでした。彼らは不安になり、その契約を中止することにしました。そして、サイノシュア社のフルモト博士に連絡を取り、アレキサンドライトレーザーを紹介されました。

 

そのアレキサンドライトレーザーというのが今の日本でも使われているレーザーなのです。このレーザーなら皮膚にダメージを与えることなく、脱毛の効果を得ることが出来ました。そして、1997年から日本でもレーザー脱毛が始まったのです。

 

ちなみにですが、脱毛ラボのような脱毛サロンで使用されているフラッシュもこのレーザーと出力原理はほぼ同じなのです。

 

 

>>脱毛ラボ市川店のご予約・場所の詳細はこちら

 
ホーム RSS購読 サイトマップ