脱毛で毛嚢炎ができる原因

脱毛で毛嚢炎ができる原因

脱毛で毛嚢炎が出来る原因

脱毛,毛嚢炎,原因

 

レーザー脱毛では、毛根や毛穴の黒い色素にレーザーを当てる事で刺激を与えて反応をさせます。毛穴の周囲の皮膚にもレーザーの光が当たるため、その熱が原因で火傷のような炎症を起こしてしまう事があります。

 

レーザーの光は毛穴の細菌にも作用してしまい、そのせいで一時的にバリア機能が弱まり、皮膚表面の菌等が毛穴に入り込んで炎症を起こしてしまいます。この時にニキビのような症状が現れて、これを毛嚢炎と言います。

 

レーザー脱毛では熱で毛穴に作用させる脱毛なので、どんな人でも毛嚢炎なる可能性はあります。しかし、毛嚢炎になっても正しい対処法と治療法を行えば、症状は治まっていきます。毛嚢炎と思われる症状が出たら、早めに医療機関を受診する必要があります。

 

毛嚢炎の見た目は赤みを帯びてぽつぽつしたもので、ニキビに似たような状態です。毛穴の上に突起が盛り上がってぶつぶつの数が多くなりますが、軽度ならかゆみや痛みを伴う事はありません。しかし、重度になると痛みがあったり、熱を持ったりします。

 

悪化すると化膿する場合もあり、ニキビと同じように赤くなったできものの中に白い膿ができる場合もあります。軽度なら自然に治りますが、悪化した場合は直ぐに正しい対処法で治療する必要があります。

サロンとクリニックの脱毛方法

脱毛,毛嚢炎,原因

 

光脱毛は脱毛サロンが主流で、光を当てて毛乳頭や毛母細胞にダメージを当てて脱毛する方法です。光の強さが弱く、痛みはほとんど感じません。光をムダ毛の黒い部分に反応させて毛乳頭の発育を抑えていくと、ムダ毛が少しずつ目立たなくなっていきます。

 

光脱毛は、毛根組織自体を破壊する方法ではないので肌に優しいです。肌には優しいですが永久脱毛ではないので、また直ぐに毛が生えてきます。光脱毛はレーザー脱毛と同じようにメラニンに光を反応させるため、黒くて太い毛を脱毛するのに適しています。

 

レーザー脱毛は皮膚の表面のメラニン色素に反応するレーザー光を照射して、熱によって毛母細胞と毛乳頭を破壊しながら永久脱毛する方法です。レーザー脱毛は医療行為になるので、クリニックでしか受けることはできません。

 

毛根を焼き切るので脱毛効果が高いですが、痛みがあるので信用のあるクリニックを選ぶ必要があります。脱毛サロンと比べると、昔よりは安くなっているものの料金はまだ高めです。

 

ニードル脱毛は毛穴1つ1つに絶縁処理をした特殊な細い針を刺していき、針に微弱な電気を流して毛乳頭を電気で破壊していく方法です。針を1つ1つ刺し込むので、時間がかかるのと痛みを伴います。料金も高いので、現在行われているクリニックとサロンは減ってきています。

脱毛の失敗の原因と対処法

脱毛,毛嚢炎,原因

 

レーザー脱毛の失敗には打ち漏れがあり、それは部分的に毛が抜けずに残ってしまう状態になります。打ち漏れが起こる原因は、肌に均等にレーザーを当てなければならないところを誤って同じ個所に2回照射してしまうという施術者のミスによるものです。

 

照射する人は箇所が重ならないようにして行いますが、どうしても照射箇所に隙間の部分が出来てしまいます。隙間が広いと脱毛が全く出来ていない打ち漏れの部分が出来てしまい、毛が抜けずに残るのです。それを防ぐためには、信頼と実績のあるクリニックを選ぶようにする事が大切です。

 

そのためには、口コミで評判の良いクリニックを探すのが良いでしょう。また、実際にクリニックに行ってカウンセリングを受ける事も大切です。カウンセリングの時には、資格を持った施術者が行うのかや打ち漏れがあった時に対処をしてもらえるかを確認しておきましょう。

 

レーザーの出力が強いと火傷になる場合もあり、医師の判断ミスで毛の状態や肌質に適していない出力でレーザーを照射してしまうと火傷に繋がります。レーザー照射の場合は肌に赤みが出ますが、一部分だけ極端に赤い場合に火傷の可能性があります。

 

なので、火傷に気づいたら直ぐに医師に伝えます。痛みには個人差があり、耐えられない痛みを感じる人もいます。なので、カウンセリングでレーザーの種類や機器を確認して、レーザーの出力を下げてもらったり麻酔を使用してもらったり対処をお願いすると良いでしょう。

脱毛ラボ市川店のご予約・場所の詳細はこちら!トップページへムダ毛処理に煩わしさを感じている方や脱毛サロンに興味のある方は、トップページで脱毛ラボの詳細をチェックしてみてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ